ピンバッジのコレクションの楽しみ方

カテゴリ

カレンダー

2018年8月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ワンポイントにもなる

ピンバッジのコレクションは、ケースに入れて収納したり、タペストリーに留めて飾ったり、実際に衣類や服飾雑貨に付けたり、と多様な楽しみ方ができます。コレクションケースを使用する場合は、透明度の高いアクリルなどのケースに入れておくと、中に入れたバッジが美しく見えます。埃や傷を気にすることなく、鑑賞できるのは、ケースに収納しておく大きなメリットです。
元々布製品に付ける用途で作られているピンバッジは、布製のウォールポケットやタペストリーとの相性も抜群です。旅先で買い集めたピンバッジをタペストリーに並べれば、部屋のおしゃれなワンポイントになるだけでなく、旅の楽しい思い出を振り返る糸口にもなります。また、カーテンや暖簾の裾にピンバッジを付けるのも良いでしょう。殺風景になりがちな部屋に、ちょっとしたワンポイントが欲しい時には、ぜひピンバッジを活用して下さいね。
服飾雑貨では、ベースボールキャップや帆布のトートバッグといったカジュアルな印象の物と合わせるのがおすすめです。その日の服装や気分に合わせて、アクセサリー感覚でピンバッジを選んでみて下さい。小さなサイズながらも、インテリアやファッションのワンポイントとして活躍するピンバッジを上手に取り入れるコツを覚えておきましょう。

ファンから愛される品物

現在ピンバッチは色々な物があり用途もオシャレの為に服や財布に付けたり様々です。では今世の中に出回っているピンバッチにはどのような物があるのでしょうか。まず記念品としてのピンバッチがあります。大きなスポーツの大会やその他催し物の宣伝用に作られたりするのですが大会に出た人だけが貰えたり、公式で販売されたりと様々です。
その大会の公式ピンバッチを付けて応援すればより大会を楽しむ事ができるでしょう。ただオシャレに利用するのは難しいのでしばらくしたら思い出と考えて取って置きましょう。またキャラクター物のピンバッチは多くデサインも良い物があります。人気のアニメや漫画、昔からあるヴィンテージ物には価値が出る事がありファンから愛されています。
様々な企業が出していてオリジナルのキャラクターデサインを見ることかできます。ピンバッチのコレクターで無くてもその作品やキャラクターのファンなら集めている人はいて需要があります。貰ったり売っている物ではなく自作する選択肢もありますがこれは特にオシャレに合ったピンバッチを作りたい時に有用です。失敗するのが嫌な場合はオーダーメイドする手もありますので自分だけの一点物を作ってみるのも良いでしょう。

記事リスト

2017年10月16日
知って嬉しい作って楽しいピンバッジを更新しました。
2017年10月16日
ピンバッジのコレクションの楽しみ方を更新しました。
2017年10月16日
ピンバッジの活躍の場の移り変わりを更新しました。
2017年10月16日
ピンバッジを自分で作ってみませんか?を更新しました。